CRAデラックス海物語 with T‐ARA 導入始まる

三洋のT‐ARAとのタイアップ機、

「CRAデラックス海物語 with T‐ARA」

が出回り始めました。

(禁パチ継続中なので、チラシ情報です。)

ついにT‐ARAもか!?と思いましたが、昨年のクリスマスに大々的にイベントを行っていたようです。

20121225110530_notice

朝鮮マネーに朝鮮のアイドルが協力するのは、ごく当たり前のことでしょうが、

ファンとしては、T‐ARA人気がポピュラーになるきっかけになればと・・。

ラッキーボーナス時は、「Bo Peep Bo Peep」

Pac12122705020001p6

大当り3回目以降で選曲可能になる「Roly-Poly」

大当り5回目以降で選曲可能になる「Lovey-Dovey」

大当り7回目以降で選曲可能になる「yayaya」

が流れるそうです。

K-POP女性グループメンバー別人気ランキング。T-ARAメンバーの人気ランキングは!?

2012年08月度パチンコ設置機種・パチンコメーカー ランキング

2012年8月のパチンコ設置機種・パチンコメーカーが掲載されていました。

2012年08月度パチンコ設置機種ランキング

08月末のパチンコ設置台数は2,155,704台で、前月から5,248台のプラス。

月末より導入を開始した「ぱちんこAKB48」(京楽)が53,809台の導入でトップ。

「ぱちんこAKB48」は、販売台数が20万台とも言われていることから、次月以降も順調に設置台数を伸ばすことが予想される。

1102088mc2_12番手には、「CRA大海物語スペシャルWithアグネス・ラム」(三洋)が53,213台の導入。

「ぱちんこAKB48」の導入により同メーカーである「ぱちんこ必殺仕事人4」(京楽)の撤去が目立ったが、今回の入れ替え対象機種に関しては、様々な機種がまんべんなく撤去された印象。

1位→ CR大海物語2(三洋)   146,181(-1,128)
2位↓ ぱちんこ必殺仕事人Ⅳ(京楽)  70,833(-12,009)
3位→ ぱちんこウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟(京楽)  66,603(+179)
4位→ CRAスーパー海物語IN沖縄2(三洋)  65,079(-2,119)
5位↓ CRエヴァンゲリヲン7(ビスティ)  64,152(-6,367)
6位→ CR牙狼魔戒閃騎鋼XX(サンセイR&D)  59,247(-632)
7位→ CRリング 呪いの7日間(藤商事)  54,602(+1,529)
8位↑ ぱちんこAKB48(京楽)   53,809(+53,809)
9位↑ CRA大海物語2Withアグネス・ラムSAA(三洋)  53,213(+53,213)
10位↓ CRA大海物語Withアグネス・ラム(三洋)  46,682(-5,677)

2012年08月度パチンコメーカー設置シェア

新機種「ぱちんこAKB48」をリリースした京楽が順調にシェアを伸ばす。

次月以降、まだまだ設置が進む見込みだけに、どこまでシェアを伸ばすのかが注目。

1位↑ 三洋   626,308(+8,042)
2位↑ 京楽   327,422(+20,601)
3位↑ 平和   189,556(+4,264)
4位→ ニューギン 138,504(-1,625)
5位↑ 藤商事  128,853(+4,174)
6位→ サンセイ 119,755(+3,186)
7位↓ サミー   117,012(-6,276)
8位↓ ビスティ 103,821(-12,619)
9位↑ SANKYO 94,744(+2,928)
10位↑ 大一   61,103(+3,028)

3年前と比べると、平和の復活!?が目立ちますね。

⇒パチンコメーカー別設置シェアランキング~“パチンコ王子”のKYORAKUは?(2009.8.14)

KYORAKUとAKB48の関係

 6月の「AKB選抜総選挙」は国政選挙さながら開票速報が生中継され、あのNHKも選挙結果をニュースで取り上げるに至って、AKB48はいまや立派な社会現象となった。

マスコミではAKBバッシングは皆無、それどころか芸能界からメディアまで一丸となってブームを盛り上げている。

「出版社には写真集の出版権を与えるなど各メディアにAKB利権をバラまく手法が功を奏している」(大手出版幹部)ことも見逃せない。

仕切り役の電通も強力なバックアップ体制を敷いており、業界こぞってAKBマネーに群がる構図だ。 

ところでAKBはあらゆる芸能プロに所属するアイドルの集合体だが、その運営管理を手がけるのがAKS(本社・東京)。

代表の窪田康志氏は「秋元康氏をプロデューサーに抜擢したAKBの影の功労者」(芸能関係者)といわれる。(←週刊文春2010年2月18日号にて、AKB48メンバー篠田麻理子らと愛人関係にあると報じられる。) 

432353_listimageそのAKSに出資し、過半の役員(昨年7月に京楽の榎本善紀社長と細井孝宏取締役が就任)を送り込んでいるのが名古屋に本社を構える大手パチンコメーカーの京楽産業である。

「ぱちんこ必殺仕事人」「ぱちんこ冬のソナタ」のヒットで知られ、2011年度の生産・販売実績は業界トップ級。

年商は1000億円を超え、純資産700億円を誇る優良企業で、09年には社長の榎本善紀氏が女優の伊東美咲と結婚、話題となったのは記憶に新しい。 

京楽の参入の発端は、AKB48の姉妹ユニットで名古屋を本拠とするSKE48。

同社が所有する名古屋・栄の複合商業ビル「サンシャインサカエ」の集客のために、2階のライブハウスにSKEを出演させたところ大ブレイク。

それをきっかけに京楽が主導権を握ったAKSがAKB、SKEのほかHKT48(博多)も手がけ、NMB48(大阪)も吉本興業との共同出資会社であるKYORAKU吉本.ホールディングスが運営するなど、いまや京楽が「AKBビジネス」の屋台骨を支えるまでになっている。

それでは京楽の狙いは何か。同社は業界大手とはいえ、パチンコホールの淘汰が進み業績は頭打ち傾向にある。しかも「多額の投資もあって有利子負債が現預金を上回りつつあり、財務も盤石とは言い難い」(金融関係者)。

そこで自前のコンテンツノウハウを構築、総合エンターテインメント企業への脱皮を狙っていることは容易に察しがつく。

吉本興業の第3位の大株主でもある京楽の今後の戦略から目が離せない。

Img20060210154525

パチンコ、パチスロメーカー 2011.10月シェアランキング

パチンコ、パチスロを一切絶ってから5年と10ヵ月・・・。

現在のメーカー別シェアはどうなっているのか、調べてみました。

2011.10月 パチンコ・パチスロメーカーランキング

【パチンコ】

1位 三洋(29.5%) 数々の海物語シリーズ、聖闘士星矢etc

2位 京楽(11.5%) 銭形平次withチームZ、銀河鉄道999、プロポーズ大作戦

3位 サミー(10.8%) 北斗の拳、アラジンNEO、ろくでなしBLUES

4位 ニューギン(9.0%) 花の慶次、西部警察3、野生の王国SUN

5位 平和(6.2%) 戦国乙女2、ラブ嬢、南国育ちin沖縄

6位 サンセイR&D(4.8%) 暗黒騎士呀鎧伝、牙狼、G1 DREAM

7位 SANKYO(4.6%) マクロスフロンティア、タイガーマスク

8位 大一(4.1%) 遠山の金さん、中森明菜、

9位 ビスティ(3.8%) 浜崎あゆみ物語、エヴァンゲリオン

10位 藤商事(3.6%) リング、ゲゲゲの鬼太郎

【パチスロ】

1位 北電子 アイムジャグラーEX他ジャグラーシリーズ

2位 大都技研 押忍!番長2、秘宝伝、政宗、

3位 山佐 モンキーターン、天下布武2、ニューパルサー、ウルトラセブン

4位 ロデオ 新鬼武者、旋風の用心棒、俺の空

5位 サミー 蒼天の拳、交響詩篇エウレカセブン、ツインエンジェル

6位 エレコ 緑ドンVIVA!、エージェント・クライシス、ダイナミックサンダーV

7位 ミズホ ミリオンゴッド

8位 パイオニア サンサンハナハナ30他ハナハナシリーズ

9位 ビスティ エヴァンゲリオン

10位 オリンピア アントニオ猪木が・・・、黄門ちゃま、

2009年5月 のランキングと比べてみると、パチンコでは上位に大きな変化はありませんが、ビスティ等は↓、パチスロは下克上の時代が続いているようです。

でも、5年10ヵ月前の私がのめり込んでいた時と比べると何故かほとんど想像できるような内容。

結局、5年10ヵ月の間さらに大金を注ぎ込み続けていたとしても、新しい発見は何もなかったという事になるんだと思います。

『パチンコがなくなる日』 Amazon新書ランキング1位に!

主婦の友社が、2月5日に主婦の友新書から発売した『パチンコがなくなる日』が、発売後すぐの2月8日付けAmazon新書部門ランキングで本書が1位を獲得。

本書は、「ぱちんこジャーナリスト」のPOKKA吉田氏が、市場規模22兆円を誇る巨大パチンコ産業の抱える問題点について厳しく論じており、今後も業界関係者から一般のパチンコファンまで、話題の広がりが予想される。

―グレー産業パチンコを取り巻く「本当の闇」を白日の下にさらそう―
一千万人超のファン人口を擁する国民的娯楽、パチンコ。しかしその実像は、カネと権力と犯罪と民族問題を内包する、超巨大グレー産業であった・・・。業界事情に、精通し、パチンコを深く愛する「ぱちんこジャーナリスト」の著者が、アヤシくキワドい業界の暗部を、タブーなく明かす! 


大崎一万発氏「パチンコ必勝ガイド」元編集長は、こう語る…
業界よ、受け止められるか!? この深い「パチンコ愛」 これぞ真実の暴露本!




そして、著者 POKKA吉田はこう断じる!
犯罪アリ、民族の相克アリ、警察利権アリ、業界の病的なギャンブル性追及アリ、それらを広範囲に精確に知らしめる書籍は、本書のほかにはそうそう存在しないと自負もしている。「ぱちんこをなくしてしまえ」という強い社会の批判に対して、時に巧妙に、時に警察の陰に隠れて延命してきたこの業界は、いつなくなってもおかしくはないというギリギリのところに成り立つ、まさに砂上の楼閣なのだ。

パチンコがなくなる日―警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来 (主婦の友新書) Book パチンコがなくなる日―警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来 (主婦の友新書)

著者:POKKA吉田
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【送料無料】パチンコがなくなる日 【送料無料】パチンコがなくなる日

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

暴露本?の意図は、業界にとってプラスを狙ってかマイナスを狙ってか?

禁Pから5年の私にとって、非常に興味のあるところ。

やはり、アホらしい業界!・・・と思わせるのか、あの暗黒時代へ引き戻そうと罠が仕掛けてあるのか・・・。

買ってみようと思います。

パチンコホール業界は集客力維持と合理化の両立が課題《スタンダード&プアーズの業界展望》

パチンコ業界を取り巻く厳しい事業環境が長期化している。「レジャー白書2009」によれば、参加人口の減少傾向に歯止めがかかっているものの、市場規模(貸玉料の総額)は、ヘビーユーザーのパチンコ離れなどから年々縮小している。

Photo 従来は1玉当たり4円が一般的だった貸玉料を1円に下げた低価貸し営業(いわゆる「1円パチンコ」)の普及で、新しいユーザーをある程度取り込んだものの、低価貸し営業は収益性が低く、市場の拡大にはつながっていない。今後も市場規模の縮小傾向は続く可能性が高い、とスタンダード&プアーズでは考えている。また、売り上げ(貸玉料)の減少により、中小零細オペレーターの中には資金繰りが厳しいところも多く、資金力のある大手による寡占傾向がさらに進むことが見込まれる。

 2006年から本格的に導入された低価貸し営業は、新規ユーザーや休眠層、ライトユーザーを取り込み、ある程度、パチンコ参加人口や遊技機設置台数の下支えにつながったといえる。

Photo_3 警視庁発表のデータによれば、08年のパチンコ設置台数は、前年と比べ12万2035台増加し、307万6421台となっている。スロットは同時期に18万7087台減の144万8773台となった。ただ減少幅は、前年に比べ縮小しており、09年もこの傾向が続いている。

一方、スロットは遊技機規制の改正により07年に新規則機(5号機)に完全に切り替わったため、高い射幸性を好むファン層が大幅に縮小したが、低価貸しの導入が徐々に進み、業界全体の遊技機設置台数の大幅減に歯止めをかけていると考えられる。

Photo_4ただ、全国のホール数の50%以上が行うようになった低価貸し営業だが、市場の縮小傾向、つまり売り上げの減少を食い止めていない。稼働玉数が増えても、1台当たり売上高は大幅に減少するからである。また、遊技機械代の節約(4円パチンコ用遊技機械の転用など)によるコストメリットはあるものの、低価貸し営業は利益の絶対額も大きく低下する

 既存ユーザーの減少と低価貸し営業の影響で、ホールオペレーターの収益環境は厳しくなっている。ホールオペレーターは、人件費や景品仕入れの見直しなどのコスト削減をはじめ、低価貸し営業の機械台に中古の機械台を使ったり、ホールごとにユーザーニーズを見極めたうえで異なる機種構成にしたりして、遊技機械費用の軽減に努めている。

 新台の入れ替えスピードの速さはパチンコ業界の有効なマーケティング策の1つであるが、人気のある遊技機械がホールの競争力を決めるため、相対的にパチンコ機メーカーのほうがホールオペレーターよりも機械台価格の交渉力が強い。また、パチンコ機メーカーの遊技機械販売台数の最低ロット数が大きいことや、近年の遊技機械の高機能化による価格高騰もあり、中小零細オペレーターにとっては新台入れ替えのハードルは高く、その結果、大手に比べて店舗の競争力が弱まっている。

Photo_6  ホールオペレーターは、出玉を絞って、粗利益を確保することが可能である。しかし、出玉の調整による粗利益の確保は、ユーザーに「出ない・大当たりしない」サービスを提供することになるため、中長期的にはある程度の射幸性を求めるユーザー層が離れていく懸念がある、とスタンダード&プアーズでは考えている。特に、パチンコの機種別でシェアが最大であるミドルタイプでは、遊技機械代がかさみやすいなかで、目先の利益確保と、将来的な集客力維持を両立させる対策が課題となるだろう。

 07年4月の大手パチンコホールの破綻、その後の世界的な金融危機から、金融機関やリース会社の与信が縮小しているため、パチンコホール業界は厳しい資金調達環境に直面しており、この傾向は今後も続くと考えている。また、業界内で現在のところ株式を上場しているホールオペレーターもなく、エクイティファイナンスの手段はない。特に、大手よりも中堅以下にとって、資金調達の多様化は重要な課題の1つである。

http://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/8f086b6329dd6f0392425aeb59077d46/

パチンコ業界のアブナい実態―謀略と犯罪うごめく「三十兆円産業」 Book パチンコ業界のアブナい実態―謀略と犯罪うごめく「三十兆円産業」

著者:紙の爆弾特別取材班
販売元:鹿砦社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

パチンコ攻略情報会社に賠償命令 「必勝法存在しない」

  「パチンコで必ず利益が出る」との虚偽の説明で多額の情報代を支払わされたとして、北海道と東京都の男女が情報提供会社「KO企画」(東京)や幹部に計約340万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は23日、計約315万円の支払いを命じた。

 佐藤重憲裁判官は「パチンコの勝敗が偶然によるのは周知の事実で、必勝攻略法など存在しない」と指摘し、2人が支払った全額を損害と認定。

Photo 一方で、慰謝料請求については「少しばかりの冷静さを持ち合わせ『パチンコでもうけよう』という甘い考えを持たなければ被害に遭うことはなかった」として退けた。

 判決によると、2人は07~08年、インターネットの広告や社員の勧誘を受け、同社に攻略の情報代を支払ったが、効果がないため、その後解約した。

 同社をめぐっては、東北地方の被害者らが計約8千万円の返還などを求める集団訴訟を仙台地裁に起こしている

http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042301001112.html

⇒KO企画ホームページはこちら

私的には、懐かしい話題。

こういうものを信じて引っかかる人達が、まだ存在することのほうが不思議。

真剣に審議する裁判官も災難です。

⇒攻略法詐欺の実体(2006.4.9)

関東梁山泊パチンコ必勝攻略書シリーズ(vol.2) 関東梁山泊パチンコ必勝攻略書シリーズ(vol.2)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

“パチンコがついに違法に?” 前代未聞の国家賠償訴訟が勃発…全国集団訴訟につながる可能性も

3月25日に発売された週刊文春(4月1日号)によると、昨年12月25日、30代パチンコファンの男性A氏が、名古屋地裁管内のある支部において、パチンコ業界に一石を投じる前代未聞の国家賠償訴訟を起こした。

 訴状には、「著しく射幸心をそそる確率変動というパチンコの問題性に対して強い憤りを持ち、自分のような被害者がこれ以上増えないようにという思いをもって本訴訟に及んだ」とある。

A氏の訴えを要約すると、確率変動という機能を搭載した現在のパチンコCR機は違法な賭博機であり、確率変動を認める違法な規則を定めた国、実質的には国家公安委員会及び警察庁は"賭博幇助"にあたるとして、損害賠償を求めている。

Photo_3 今回の訴訟で原告側が強調しているのは、賞品の価格の最高限度額が施行規則では「一万円を超えないものとする」と規定してあることに対し、「一回の大当りで獲得できる遊技球の上限は2400個、パチンコ玉1個が4円と換算して9600円が上限となるところ、確率変動の場合は大当りが1回ではなく無限回の可能性があり、最終的には最高限度額の一万円を超えるため、これが賭博罪にあたると解釈。

 さらに、04年の規則改正で初めて警察庁が"確率変動"を公に規定したことで、射幸性の高いパチンコ機で公然と賭博行為が行われるようになったとして、規則制定者である国を"賭博幇助"で糾弾し、この規則改正が上位規則である風営法の「著しく射幸心をそそる」という条文に違反していると指摘した。

 担当課である警察庁生活安全局保安課のコメントも掲載されており、"確率変動"を認めた経緯について、「従前は国家公安委員会規則に定める遊技機の技術上の規格に規定がなかったところ、平成16年の規則改正により、大当りの集中による遊技球の大量獲得を規制する観点から、当該確率が任意に変動することを禁じ、変動する場合の確率値は一定であること等の規定が設けられたところであります」と語っている。ただし、CR機が賭博機であるという指摘については回答を避けた。

 記事内では、機種名に「CR」と冠したパチンコ台が巷に溢れている昨今、これが違法な賭博機と認められれば、全国的な集団訴訟の動きに広がり、消費者金融のグレーゾーン金利を巡る"過払い返還訴訟"と似た騒ぎに発展するのではないか、と警鐘を鳴らしている。

http://www.vsearch.co.jp/entry/news02/post-450.php

打ったらハマるパチンコの罠 (PART2) Book 打ったらハマるパチンコの罠 (PART2)

著者:若宮 健
販売元:社会批評社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

過熱する版権争奪戦、パチンコ産業の憂鬱

パチンコ産業ではアニメやテレビドラマ、映画、芸能人などを用いた「版権パチンコ」が集客の売りになっている。業界推計では年間100機種以上の新型機の8割は版権モノ。大手の三洋物産の独自作「海物語」を除き、版権モノに人気が集中しているのが現状だ。
版権モノの登場は90年代後半と、比較的歴史が浅い。液晶画面が搭載されたことにより映像コンテンツが求められるようになり、「北斗の拳」のパチスロ機が累計60万台の大ヒットとなり、ブレークの火付け役となった。続いて04年のフィールズが投入したパチンコ機「エヴァンゲリオン」が12.5万台を記録した。

このブームで潤ったのはメーカーやホールだけではなく、版権保有者たち。既にアニメ放映が終了していた「エヴァンゲリオン」はパチンコ化を機に新規のファン層が拡大。DVD販売やレンタルなどの関連ビジネスが潤った。「あしたのジョー」の版権を管理する講談社は「告知効果の観点から戦略的に許諾した」と語る。

しかし、このブームもネタ枯れに直面している。有力なコンテンツは既に使用されつくし、パチンコ化に抵抗が強い版権保有者も多い。「超人気アニメ『ドラゴンボール』は各社が打診したが、原作者の鳥山明氏が首を縦に振らない」とあるメーカー幹部は語る。

版権許諾の争奪戦の結果使用料は高騰し、今は10億円以上と言われている。版権保有者にはおいしい収入源で「最近では過去人気作のリメイクや続編がパチンコと連動しているケースが多く、製作委員会を立ち上げる際は最初からパチンコの許諾料収入を当てにしている」と広告代理店幹部は語る。
版権使用料の高騰以外に、パチンコ機の高機能化もあり、定価30万円だった大手メーカーの遊技機は、この3年で10万円近く値上がりしている。

遊技機の価格高騰はホールの経営を圧迫しており、コストを回収しようと投機性・射幸性の高い台を導入しようとする動きもある。

このような版権料高騰への対策として、フィールズではテレビドラマ製作に出資し、自社の新機種「清水の次郎長維新伝」と連動させた。

ただ、こうした自社コンテンツも思うほどの受注につながっていないようだ。従来の人気コンテンツが持つ歴史やファン層の厚みには追いつけないのが実情だ。

版権パチンコ依存症から業界が抜け出すのは容易ではない。

週刊東洋経済2010年2月13日号(2月8日発売号)より要旨抜粋
http://japanimate.com/Entry/1330/

けいおん!  ねんどろいど 中野梓 2次出荷分 (ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) Toy けいおん! ねんどろいど 中野梓 2次出荷分 (ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

販売元:グッドスマイルカンパニー
発売日:2010/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

パチンコ台1台・1時間当たりの粗利は?

10.23日号の週刊ポ○トの記事で、

全国1500万ファンよ、怒れ
「パチンコと天下り警察官僚」”癒着の総本山”に斬り込む

たる記事がありました。

内容は、パチンコファンの皆さんから金を巻き上げるギャンブルマシン認可に深くかかわる伏魔殿の正体を洗う、というもので皆さんがこつこつ貢ぐ金が大物警察OBがズラリと並ぶ財団やその役員たちの報酬になっているというお話。

Mugendaiborder20090220t15_37_462・・・サラリーマンの月小遣い平均が5万前後というとき、1回で10万、20万の負けっぷりは異常である。サラ金にどっぷりつかるか、犯罪に手を染めるか、それともよほどの臨時収入でもなければ、プレイできる金額ではない。

まさに、過去の私(犯罪には手をそめませんでしたが・・・)。小遣い制の人で、パチンコの話を毎日している人は、心配してあげなくてはいけません。・・・特に、奥さんが財布を握っている家の人は。

07年のパチンコプレイ人口は1450万人で、最盛期94年の2930万人比べ半数以下。長く30兆円といわれた市場規模も07年には23兆円と凹んだ。

パチンコ店は客離れを、ディープな客を引き寄せることでしのいでいる。つまりMAXタイプ台の多数採用である。

店内向けOA機器メーカーの内部調査によれば、

【1台1時間当たりの粗利】は

MAXタイプ(初期投資2万2千円以上)が   1,290円

ミドルタイプ(初期投資1.7万~2.2万円)が、   860円

一円パチンコが、                    380円

ギャンブル度が高い台がディープな客をさらに深みにはめて、店を儲けさせている。

もたらす被害は客の

多重債務・多額債務という経済面ばかりか、

家族の崩壊やパチンコ依存症の増加など、多方面に及んでいる。

との記事。

 「CR花の慶次〜斬」オリジナルサウンドトラック 「CR花の慶次〜斬」オリジナルサウンドトラック
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

より以前の記事一覧

あにょはせよぉ~

禁パチカウンター

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

依存症克服リンク

パチンコ・ミュージアム

今日の売れ筋!!!

スーパーでなかなか見つからないHIT商品

通販名物

マイカタログ

無料ブログはココログ